下痢

下痢とは

水分含有量の多い軟便や水様便が出る状態です。大量の水分が失われるため脱水症状を起こしやすく、ミネラルなども失われてしまいます。水様便によって肛門周辺の炎症が生じることがあり、痔ろうの原因となる肛門周囲膿瘍の発症に関わることもあります。下痢が続くと水分や栄養素の不足によって健康が損なわれます。また、深刻な疾患によって起こっている可能性も高く、早めに消化器内科を受診することが重要です。

速やかな受診が必要な症状

  • これまで経験のない激しい下痢
  • 便に血が混じっている
  • 吐き気や嘔吐、発熱などをともなう
  • 腹痛が続く
  • 同じ食事をしている人も同様の症状がある
  • 症状が悪化する、あるいは改善する兆しがない
  • 尿の量が減った
  • 倦怠感がある
  • めまい、ふらつき、頭痛、発熱、嘔吐などの脱水症状がある

下痢の種類

浸透圧性下痢

内に吸収されにくい物質があると消化管内の浸透圧が高くなって水分が腸内に染み出してきます。こうした働きで起こるのが浸透圧性下痢です。キシリトールなど吸収されない糖類は食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがありますが、それは浸透圧性下痢が生じているからです。乳糖不耐症のケースでも、乳頭が消化されないことで浸透圧性下痢を起こしています。

分泌性下痢

腸が刺激を受けて大量に水分を分泌することで起こります。感染性腸炎で細菌が作り出す毒素や暴飲暴食などが腸への刺激となって生じます。毒素など悪いものを素早く排出させるための防御反応ですから、下痢止めなどで無理に止めてしまうと腸内に毒素が長くとどまって症状を悪化させることがあります。こうしたことから、細菌性腸炎が疑われる場合に下痢止めを服用するのは危険です。

蠕動運動性下痢

消化管は口から入ったものを先に進ませるために、全域にわたって蠕動運動によって伸びたり縮んだりしています。この蠕動運動が過剰になってしまうと大腸で水分がほとんど吸収されないまま便として排出されてしまいます。こうしたタイプの下痢は蠕動運動性下痢と呼ばれています。過敏性腸症候群や甲状腺機能亢進症(バセドウ病)で起こることがあります。また、センナやダイオウなどが含まれた刺激性下剤は、蠕動運動を促進する働きがあり、蠕動運動性下痢と同じメカニズムで働きます。

滲出性下痢

腸にある炎症や潰瘍から血液や腸の細胞の中にある水分が染み出して、便の水分量が増えて下痢になるタイプです。滲出液の過剰と、腸管の水分吸収能力低下によって生じます。難病指定されている潰瘍性大腸炎やクローン病では滲出性下痢を起こします。

下痢の原因と期間

外部から入ってきたものによって生じる外因性の下痢と、体の中に原因がある内因性に分けられます。浸透圧性下痢は外因性下痢であり、腸の機能異常や炎症が起こることで生じる下痢は内因性下痢です。内因性下痢には、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病などで生じる下痢が含まれます。
内因性下痢はその原因に合わせた治療が不可欠であり、慢性的に症状が続くため地道な治療が重要になります。
外因性下痢は一過性の下痢であり、自然に治ることがほとんどを占めます。ただし、下痢は脱水症状につながりやすいため、状態が悪化しないように注意する必要があります。

下痢を起こす疾患

ウイルス性胃腸炎

下痢を起こすウイルス感染症は数多く、主なものだけでもロタウイルス・ノロウイルス・アデノウイルスなどがあります。下痢に加え、腹痛・吐き気・嘔吐・発熱などがともなう場合が多く、ウイルスによって流行する時期が異なります。それほど激しい症状がない場合も、脱水には十分気を付けてください。

過敏性腸症候群

炎症やポリープなどの病変はありませんが、消化管の機能や知覚過敏によって発症すると考えられています。腹部の痛みなど不快症状をともない、下痢型の他に便秘型や便秘と下痢を繰り返すタイプなどもあります。

潰瘍性大腸炎

大腸に慢性的な炎症を起こす疾患です。炎症を抑える治療を行うことで、下痢などの症状も改善します。良い状態を長く保つためには、継続した治療が必要です。

クローン病

クローン病は潰瘍性大腸炎と似た症状を起こしますが、クローン病と潰瘍性大腸炎は全く違う疾患です。クローン病は腸管の安静のための栄養療法が必要になることがあるなど、必要とされる治療も変わってきますので、正確な診断が重要です。深刻な合併症を起こすリスクがある病気ですから、経過を慎重に観察して景気的な内視鏡検査を受ける必要があります。

大腸がん

進行してサイズが大きくなった大腸がんによって便の通過が妨げられると、便秘や下痢などの症状が起こることがあります。また便が細くなって気付くこともあります。できるだけ早く発見することで楽な治療が可能になりますので、疑わしい症状があった場合には早めに消化器内科を受診してください。

下痢の治療

水分補給暴飲暴食やウイルス感染などによる下痢は、ほとんどが数日程度で回復します。下痢をしている間は消化が良く、腸への負担が少ない食事を控えめにとるよう心がけ、脱水を予防するために水分をしっかりとってください。また、高齢者や子どもは脱水が進みやすいので注意深く観察して、早めに医療機関の受診してください。

TOPへ