腹痛

腹痛とは

食べ過ぎや冷えなどでも起こる身近な症状ですから軽視されやすいのですが、深刻な疾患によって生じていることもあります。腹部には、胃・十二指腸、小腸、大腸といった消化管に加え、肝臓、膵臓、胆のう、腎臓、卵巣、子宮、膀胱、前立腺などがあり、腹痛の原因は多岐に渡ります。
また、軽い腹痛でも命に関わる可能性があって早期に適切な治療が重要になる疾患が隠れていることもあります。激しい腹痛だけでなく、慢性的に続く腹痛、他の症状をともなう腹痛などがある場合は、消化器内科を受診して原因を確かめ、適切な治療を受けるようにしてください。なお、当院では消化器以外の疾患が疑われる場合には、適切な専門の医療機関をご紹介していますので、お気軽にご相談ください。

腹痛時の受診のタイミング

速やかな救急受診が必要なケース

  • 腹痛が強く、冷や汗をかく、動けない
  • 突然起こる、今までに経験したことのない激しい腹痛
  • 腹痛があって吐血を起こした
  • 腹痛があって血便や下血がある
  • お腹の特定の部位を圧迫したり、離したりすると痛みが強くなる
  • 腹痛に38℃度以上の発熱がともなう

早めに消化器内科の受診が必要なケース

  • 腹痛が徐々に強くなる
  • 腹痛に下痢や嘔吐がもなう
  • 腹痛に発熱をともなう
  • 黄疸がある(白目や顔色が黄色い)
  • 繰り返し腹痛を起こす
  • 市販の薬を服用しても腹痛が治らない
  • 食事などによって腹痛が起こる
  • 腹痛があり、便秘と下痢を繰り返す
  • 鈍い腹痛
  • 腹部の違和感が長く続く
  • ダイエットしていないのに体重が減る
  • 食欲不振

腹痛の原因

日常的な問題によって生じるケース、炎症や潰瘍など器質的な問題によって生じるケース、機能や知覚過敏などによって生じるケースに分けられます。

日常的な問題によって生じるケース

暴飲暴食、冷え、便秘、ストレスなどによる自律神経の乱れなどによって腹痛を起こしています。自然に改善することも多いのですが、繰り返す場合には消化器内科を受診する必要があります。

炎症や潰瘍など器質的な問題によって生じるケース

大腸がん、胃・十二胃腸潰瘍、虫垂炎、潰瘍性大腸炎やクローン病、腸閉塞(イレウス)など幅広い疾患によって生じています。肝臓・胆のう・膵臓などの疾患によって生じていることもあります。また、尿管結石、腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、卵巣炎、卵管炎、卵巣嚢腫茎捻転、子宮内膜症、子宮外妊娠などによって生じている場合もあります。

機能や知覚過敏などによって生じるケース

機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群などによって生じています。

注意すべき消化器疾患

腹痛緊急性が高く、早急な消化器内科受診が必要な疾患には、腸閉塞(イレウス)、急性虫垂炎、急性胆のう炎、急性膵炎、S状結腸捻転などがあります。できるだけ早く適切な治療が必要な疾患には、急性胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、急性腸炎、胆石症、胃がん、過敏性腸症候群、憩室炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などがあります。
ただし、症状だけでは判断できませんので、腹痛がある場合には早めにご相談ください。

腹痛の診断方法

腹痛の起こっている場所、痛みの内容と他の症状、はじまった時期や経過、頻度、食事、既往症や飲んでいる薬などについて、緊急性の高い疾患の可能性を考慮しながら問診で丁寧にうかがいます。圧痛の有無や腹部の硬さなどを確認するために触診を行います。

血液検査

炎症の有無や重症度を数値化して判断できます。また貧血の有無なども確認できます。

エコー検査(超音波)

腹部大動脈瘤解離や腸閉塞(イレウス)、急性胆のう炎、胆石、急性膵炎や虫垂炎など多くの病気の発見に役立ちます。事前の食事制限なども必要なく、すぐに行える安全性の高い検査です。

X線検査

腸閉塞(イレウス)、消化管の穿孔、尿路結石などの診断に有効です。

CT検査

X線を身体にあてることで、様々な方向からいた身体の断層画像を得ることができます。胃がんや大腸がんなど疾患の診断に必要な検査になります。

胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査胃内視鏡検査は、食道・胃・十二指腸の粘膜の状態を直接観察できる検査です。大腸内視鏡検査では、大腸全域の粘膜を観察できます。どちらも精度の高い観察ができ、微細な早期のがんも発見でき、炎症などの状況を正確に把握できるため、適切な治療につながります。また、検査中の止血処置や組織採取ができ、病理検査によって幅広い疾患の確定診断が可能になります。

薬物療法での経過観察

内服治療過敏性腸症候群など、器質的な病変がなく、機能や知覚過敏などによって症状が起こっている場合には、症状などにきめ細かく合わせた薬の処方を行って経過を観察しながらより適切な治療にしていきます。

慢性的な腹痛がある方へ

腹痛を起こすことが増え、便がゆるくなってきた感じて放置していたら、ある日突然、強い腹痛と下痢が起こって、潰瘍性大腸炎やクローン病などが発見されることがあります。潰瘍性大腸炎やクローン病は根治に導く治療法がない難病で、進行させてしまうと入院治療や侵襲の大きい外科手術が必要になることがあります。適切な治療で炎症を抑えることでコントロールが可能な疾患ですから、重い症状が現れる前に正確な診断を受けることが重要です。
どんな疾患でも早期発見できれば楽な治療で治癒、改善できる可能性が高くなります。いつもと違うなど、ちょっとした変化に気付いたら、お気軽にご相談ください。

腹痛は消化器内科へ

当院では消化器内科の診療を行っており、腹痛をはじめ消化器症状に対する専門的な診療を行っています。精密な観察が可能な胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査などを行って質の高い診断に基づいた適切な治療につなげています。鎮静剤を用いてウトウトしている間に検査を受けられる苦痛に配慮した内視鏡検査も可能ですので、安心してご相談ください。
また、診療の結果、消化器疾患以外の病気が原因で症状が起こっていると判断された場合や、入院などが必要な場合には、適切な医療機関をご紹介し、速やかに適切な治療を受けていただけるようにしています。

TOPへ