当院の内視鏡検査

胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査とは

胃内視鏡検査では食道・胃・十二指腸を、大腸内視鏡検査では大腸全域の粘膜を直接観察することが可能であり、当院では高度な内視鏡システムを導入することで微細な病変の発見もできるようにしています。

また、内視鏡検査では検査中に組織を採取することができ、病理検査によって良性か悪性かなどの確定診断が可能です。早期発見だけでなく、必要な治療を的確に見極めるためにも役立ち、早期がんを完治に導く治療につながります。大腸内視鏡検査では、がん化する可能性がある前がん病変の大腸ポリープをその場で切除することができますので、大腸がん予防としても有効です。

内視鏡検査のメリット

健康長寿日本では胃がんや大腸がんといった消化器がん罹患率やがんによる死亡率が高い状態が続いています。胃がんや大腸がんは早期発見によってほとんどが完治できる病気になっており、お仕事や生活への影響も最小限に抑えることができます。

内視鏡検査では、X線検査では発見できない微細な早期がんの発見が可能であり、改めて確定診断のための検査を受ける必要もありません。内視鏡検査中に組織を採取し、病理検査で確定診断ができますので、最適な治療をスムーズに受けることができます。またX線検査と違い、被ばくの心配もありません。

胃がんや大腸がんの早期には自覚症状がないため、早期発見のためには自覚症状のない段階で定期的に内視鏡検査を受けることが有効です。将来的なQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の維持や、健康寿命の維持・延長につなげるために、リスクが上昇しはじめる40歳を超えたら症状がなくても積極的に内視鏡検査を受けるようおすすめしています。

胃内視鏡検査の意義

胃がんが発見される件数は今も増加傾向にあります。

年齢調整を行った胃がんの罹患率は減少傾向にありますが、実際に胃がんが発見されている件数自体は現在も増加傾向にあります。これは高齢化社会になって年齢別人口が高齢者側に偏っていることから生じています。

胃にはがん以外にも潰瘍やポリープ、炎症などを生じることが多く、多くの胃疾患が共通した症状を起こします。また、胃がんは早期にはほとんどが無症状であり、進行しても症状が現れにくいケースが少なくありません。胃がんを早期発見し、確定診断も可能な唯一の検査が胃内視鏡検査です。

最初から胃内視鏡検査を受けることが最も安全で有効です

造影剤を用いたX線検査もある程度進行した胃がんの発見に有効ですが、微細な早期がんの発見は難しく、胃内視鏡検査のように粘膜の色調変化や毛細血管の分布を確認することはできません。また疑わしい病変を発見した場合も、確定診断のためには改めて胃内視鏡検査が必要になります。

最初から胃内視鏡検査を受けることで、最も安全で有効な早期発見が可能になります。また、胃内視鏡検査では、食道や十二指腸の粘膜も詳細に調べることができます。さらに、採取した組織の病理検査による確定診断に加え、ピロリ菌感染の有無を調べる検査も可能です。これにより胃がん発症のリスク判断や除菌治療などにつなげることができます。

胃内視鏡検査について

大腸内視鏡検査の意義

増え続けている大腸がん

増え続けている大腸がん大腸がんは長く増加傾向にあり、その原因は、高齢化と食をはじめとした生活の欧米化が大きく関与していると考えられています。

大腸がんの多くが放置された良性の大腸ポリープから発生するため、症状がなくても定期的に大腸内視鏡検査を受け、大腸ポリープがあった場合にはその場で切除することで将来の大腸がん予防になります。

将来の大腸がん予防につながる大腸内視鏡検査

大腸がんの85%は良性のポリープから進展して発症するとされており、大腸ポリープの段階で切除することで多くの大腸がんは予防できます。大腸がんは自覚症状なく進行するケースがあり、血便や排便障害などの症状で受診した時にはすでに他の臓器に転移を起こしている場合があります。予防が可能で、早期発見できればほとんどが完治を望める大腸がんですが、進行してしまうと命に関わることが多く、がんによる死亡原因として現在も上位を占めています。

定期的に大腸内視鏡検査を受けていれば救える命が今も多いことを考え、当院では楽に受けられる大腸内視鏡検査を提供し、できるだけ気軽に受けていただけるよう心がけています。

できるだけ早い大腸内視鏡検査が有効な理由

大腸がんは進行が比較的ゆっくりしています。このことから、便潜血検査陽性になってから大腸内視鏡検査を受ければ大丈夫と考えている方が多いのも事実です。

確かに便潜血検査陽性で大腸内視鏡検査を受けて大腸ポリープが発見されることも多いのですが、大腸がんによる出血で便潜血検査陽性になった場合、内視鏡による侵襲の少ない治療ができないケースが多くを占めます。
心身への負担やお仕事への影響が大きい開腹手術を避けるためにも、便潜血検査陰性の段階で大腸内視鏡検査を定期的に受けることが早期発見には重要です。

最初から大腸内視鏡検査を受けることが最も安全で有効です

造影剤を使ったX線検査は進行した大腸がんを発見するためには有効ですが、大腸内視鏡検査のように早期の微細ながんや大腸ポリープの発見は難しく、粘膜の色調や毛細血管の分布などは確認できません。また、X線検査で疑わしい病変を発見した場合は、確定診断のために別途、大腸内視鏡検査が必要になります。さらに前がん病変の大腸ポリープの切除も内視鏡検査では可能です。

無駄な被ばくを避けるためにも、最初から大腸内視鏡検査を受けることが有効です。
また、大腸内視鏡検査では、近年増加傾向にあるクローン病や潰瘍性大腸炎といった難病指定された疾患の確定診断にも不可欠です。

大腸内視鏡検査について

内視鏡検査で発見可能な病気

食道

  • バレット食道
  • 好酸球性食道炎

心身への負担を最小限に抑えた内視鏡検査

胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査は、「苦しい・つらい」検査というイメージが残っていますが、現在は内視鏡システムや検査手法も大きく進歩しており、検査経験が豊富な医師による検査では大幅に負担が軽減できます。当院では、高度医療機関で内視鏡検査や治療の研鑽を積んできた院長が全ての内視鏡検査を担当し、高い技術力によるデリケートな手技によって安全性が高く精緻な検査をスピーディに行っています。

胃内視鏡検査では苦しさの原因となる舌の根元に直接スコープが触れない経鼻検査も可能です。極細のスコープを用いることで、ほとんどの方が楽に検査を受けていただけます。また、鎮静剤を使って眠っているようなリラックス状態で内視鏡検査を受けていただくことも可能です。はじめてでご不安がある方、以前受けた検査で苦手意識がある方も、安心してご相談ください。

検査と診断の高い精度を保ち、丁寧にご説明しています

内視鏡検査は微細な病変も発見できますが、こうした高い精度を保つためには高度な知識や経験が不可欠です。
当院では高度な内視鏡検査や治療を数多く行ってきた院長が検査から結果のご説明まで丁寧に行っています。ご不明な点があれば遠慮なくお伝えください。

TOPへ